みのり

みのり

2019年8月14日

檀家さんが昼食をおもてなしして下さいました。

盂蘭盆(うらぼん)はサンスクリット語で「ご飯をのせたお盆」という意味が有力です。

『新纂浄土宗大辞典』参照

神通第一の目連尊者は、亡き母が餓鬼道で苦しんでいる姿を目にします。

お釈迦様に母を救う方法を相談したところ、夏安居が終わる7月15日に数多くの美味しい飲食物(百味飲食)を僧に供養しなさいと説かれました。

その供養によって、お母様が餓鬼道から救われた事がお盆の由来です。

それから約2400年の時が経ち、場所もインドから遠く離れた日本の住職と私に対してですが、供養される方の心は変わってないですね。

南無阿弥陀仏


2019年8月13日

先立った方々に想いを寄せ「南無阿弥陀仏」とお称えしましょう♪

お念仏は「今」「ここ」「どんな時でも」お称えする事ができますよ。

南無阿弥陀仏


2019年7月27日

うちのお地蔵様が可愛すぎます!

後ろにも気を配ってます♪

お檀家さんが「主人がここのお墓にいるし、私もいつかこのお地蔵様に見守って頂くんだから」と仰り、心を込めて作って下さってます。

南無地蔵菩薩

 


2019年6月18日

蟠龍寺では墓地整備計画を進めています。

住職に昔からの話を聞けるうちにと思い、計画しました。

1年以上前から必要な手続きを始めて、許可がおりました。

もう少し様子を見て、合祀墓に改葬させて頂こうと思っています。

合祀墓には、お檀家さんが可愛いヨダレかけ作って下さるお地蔵さまがいらっしゃいます。

お地蔵様のお膝元に移っても見守って下さい。

 

 


2019年5月26日

知恩院の御影堂にある大木魚の龍がリアルすぎます(笑)

魚は目を閉じません。

木魚には、惰眠を貪らず、魚が龍に変わるように精進しなさいという意味があります。

それでも眠くなる時があるのが私達。

法然上人は「眠なくなったら寝てもいいですよ。目が覚めたらお念仏をお称えしない」とお説き下さっています。

どちらもお念仏をお称えする事が大切であるとお示し下さってる尊い教えですね。

南無阿弥陀仏

 


2019年5月24日

近所にある大好きなインド料理「ディップラスナ」西天満店です!

ディップラスナは箕面本店から店舗が増えてます!

私は箕面市に22歳までいて、よく箕面本店に行ってました!

本堂にあるチラシを持っていけば、ランチ(11:00〜15:00)が50円引きで食べれますよ!

ランチセット(3枚目)が730円。
さらにカレーを1種類とソフトドリンクを追加したAセットでも850円です。

妻は辛いものやクセのあるものが苦手ですが美味しく頂いてます!

インド発祥の仏教のお寺「蟠龍寺」をお参りの後は、インドカレーを味わって、身も心もインドを感じてみてはいかがでしょうか。


2019年5月1日

いよいよ令和が始まりましたね。

総本山知恩院のあたりは清らかな水が湧くことから「吉水」といいます。

法然上人の教えを受ける者を「吉水の流れを汲む者」と表現します。

令和も、吉水(法然上人の教え)の清らかな水を汲み、一人でも多くの方にお分けしていきます!

南無阿弥陀仏


2019年4月18日

いよいよ令和が迫ってきましたね〜!

寺務ソフトを「令和」対応しました!

寺務ソフトっていうのがあるんですよ〜!

これ1つで、法事などから案内、会計管理まで出来ます♪


2019年4月4日

桜が綺麗に咲いてきましたね。

「咲う」ってなんて読むかご存知ですか?

正解は「わらう」です。

花を私たちの顔に喩えてるんですね。

花が綺麗に咲いているのを見ると私達も笑顔になりますね。

お地蔵様のヨダレかけを笑顔でなんども可愛いって言いながら替えました!

今回のポイントは肩のヒモですね♪

お檀家さんが心を込めて丁寧にこだわり持って作って下ってます!

今まで着けておられたヨダレかけは切って、お守りとしてほしい方がいらっしゃればお渡ししようかな?

 


2019年3月29日

明日、イラスト付き御朱印の授与をさせて頂きます。

「まだありますか?」などのお問い合わせは法務に支障が出ますのでご遠慮下さいね。

受付:9:00〜11:00
先着50名(無くなり次第終了)
御朱印はお一人につき各種1枚までとさせて頂きます。

御朱印には、梵字と漢字で南無阿弥陀仏と書いてます。

4月は8日(月)と28日(日)です。

皆様のお参りを優しく微笑んだ阿弥陀様もお待ちしております。


ページのトップへ