みのり

みのり

2019年12月31日

本尊様のおみ足です!

足の裏は体の一番下にあり汚れてます。
仏教発祥のインドで足の裏に触れる事は最も丁重な敬い方です。

浄土宗でも額を地面につけ、耳のあたりで手の平を上にして、仏様の足に触れる思いで礼拝してます。

(写真は修行時代)

ゆく年くる年、ご本尊様を恭しく敬いお仕えしてまいります。

南無阿弥陀仏


2019年12月26日

岡島考喜(ペンネーム)上人に御朱印のイラストを描いて頂きました。

1月25日に法然上人がご往生されたので、その場面です。

岡島上人とは「布教師養成講座」という道場で、3年間(計45日)共に研鑽させて頂きました。

岡島上人は「クローン病」という腸壁に潰瘍が出来て細くなる、原因不明、治療方法がない難病を抱えておられます。消化物が詰まる為、道場中も食事制限をしておられました。

ご自身の体験を『クローン患者生きてゆく』という漫画で描いてます。無料で読めますよ。
https://sokuyomi.jp/external/viewer2/?id=CO_kurohnkanj_001_0001-0

クローン病患者は約3万人いるにもかかわらず知名度が低い。
同じ病気の人達を勇気づけたい!
気持ちを代弁できたら!
そんなお気持ちで描かれてます。

ぜひご覧下さい!


2019年12月22日

本日は今年最後の限定御朱印日でした。

3月末から限定御朱印を始めて、たくさんの方が阿弥陀様とご縁を結んで下さいました。

そして、たくさんのおやつをお供え下さり、子供達の笑顔がふえました♪

これからも世界で一番大好きな阿弥陀様をお参りして頂ける様、精進してまいります。

南無阿弥陀仏


2019年12月22日

12月18日(水)サラナ親子教室を開催しました!

今月はピアノの先生に来て頂き、歌ったり、音楽に合わせて体を動かしました♪

お家では大きな声を出したり走ったりする事が難しいので、皆とても楽しそうでした!

そして、ふだんトイレにもゆっくりいけないほど忙しいお母さん達が子供を遊ばせ、おしゃべりをしながら、ゆっくり食事する時間もありました♪


2019年12月19日

12月22日(日)9:00~12:00限定御朱印をお授け致します。

22日は「冬至」なので「冬至限定御朱印」を作ってみました♪

文字は「一陽来復」と書いてます。

冬至は1年で最も日が短くなり、翌日から日が伸びて春に向かっていくので、運がよい方に向かい始める、めでたい日です。

ゆずには強い香りがあり、邪気を払います。

ゆず湯には「冬至」と「湯治」がかかっており、心身を清浄にする意味があるんですよ。

南無阿弥陀仏とお称えすると、お湯が雪を溶かすように罪業がなくなり清浄になります。

どうぞ皆様のお参りを優しく微笑む阿弥陀様と一緒にお待ちしてます。


2019年12月12日

蟠龍寺の全ての檀信徒先祖代々のお位牌をよく見ると「担」という字が使われてます。

先代住職が作られたとの事です。

蟠龍寺を担ぎ、受け継いで下さった大切な方々を心を込めて御回向しなさいというメッセージを感じます。

蟠龍寺が今ある事に感謝して念仏回向させて頂きます。

南無阿弥陀仏


2019年12月11日

昨日は一心寺様の向かいにある「大阪教区教務所」で布教の研修会でした。

教務所に入る前、ふと空を眺めるとキレイな満月でした。

阿弥陀様は全ての人を月の様に優しく見守り、お慈悲の光明を照らして下さってます。

南無阿弥陀仏


2019年12月10日

蟠龍寺は、阿弥陀様にお供えしたお菓子をおさがりとして、様々な事情をもつ子供達に送らせて頂いてます。

お菓子を発送しました!

くだものを食べる機会がない子もいるので歓ぶといいな〜!

今年から始めた御朱印にお参りの方々がお菓子を持ってきて下さるので、子供達の笑顔がふえてます♪

ご縁に感謝しており、心より御礼申し上げます。

子供達が笑顔になりますように。

南無阿弥陀仏


ページのトップへ