みのり

みのり

2019年8月19日

昨日、令和初の施餓鬼法要を勤めさせて頂きました。

猛暑の中、汗を拭きながらお参り下さいました。

終戦直後、唯一焼け残った蟠龍寺の施餓鬼壇を各寺院に運んで、施餓鬼を勤めていたそうです。

どんな時代でも、大切な方のご供養をされていたんですね。

変わらないものがある。
変えてはいけないものがある。

南無阿弥陀仏


2019年8月18日

準備、整いました!

本日14:00~お施餓鬼です!

毎年、松本市の兄弟子からスイカのお供えを頂いてます♪

子供もびっくりのこのサイズ!


2019年8月17日

明日は蟠龍寺のお施餓鬼です!

みんな準備や掃除でかまってくれないので『華頂』を読んでます♪


2019年8月16日

「お寺から頂いた新聞の写真が有難かったので飾らせてもらいました!」

隣にはご先祖様のお写真が〜!!

とても嬉しいですけど恐縮です。

ご先祖様失礼します。


2019年8月14日

檀家さんが昼食をおもてなしして下さいました。

盂蘭盆(うらぼん)はサンスクリット語で「ご飯をのせたお盆」という意味が有力です。

『新纂浄土宗大辞典』参照

神通第一の目連尊者は、亡き母が餓鬼道で苦しんでいる姿を目にします。

お釈迦様に母を救う方法を相談したところ、夏安居が終わる7月15日に数多くの美味しい飲食物(百味飲食)を僧に供養しなさいと説かれました。

その供養によって、お母様が餓鬼道から救われた事がお盆の由来です。

それから約2400年の時が経ち、場所もインドから遠く離れた日本の住職と私に対してですが、供養される方の心は変わってないですね。

南無阿弥陀仏


2019年8月13日

先立った方々に想いを寄せ「南無阿弥陀仏」とお称えしましょう♪

お念仏は「今」「ここ」「どんな時でも」お称えする事ができますよ。

南無阿弥陀仏


2019年7月31日

いよいよ夏本番になり、お盆の時期になりました。

8月は全ての御朱印の授与をお休みさせて頂きます。

9月からも阿弥陀様とご縁を結んで頂ければ悦びです。

南無阿弥陀仏


2019年7月27日

うちのお地蔵様が可愛すぎます!

後ろにも気を配ってます♪

お檀家さんが「主人がここのお墓にいるし、私もいつかこのお地蔵様に見守って頂くんだから」と仰り、心を込めて作って下さってます。

南無地蔵菩薩

 


2019年7月26日

子供達にお供えを送らせて頂きました。

夏休みの楽しい時間になればいいな♪

蟠龍寺では経済的に困難なご家庭に「おそなえ」を「おさがり」として「おすそわけ」する「おてらおやつクラブ」、知恩院山内にある家庭で暮らす事が困難な児童を養護されている「平安養育院」様にお供えを送らせて頂いてます。

蟠龍寺は優しく微笑む阿弥陀様とご縁のある人達が微笑むお寺を目指す「smitaプロジェクト」進行中です♪

お供えは「子育て応援と成長儀礼」からもして頂けます。

南無阿弥陀仏


2019年7月25日

今月のサラナ教室は「お魚釣り」でした。

「もっとする!」の声が嬉しいですね♪

お子さんたちの元気な声に蟠龍寺も活気をもらってます!

活動の後、持ってきている人はみんなでお昼ご飯です。

いつもゆっくり食べる事が出来ないお母さん達も楽しそうにお話しされています!

親子のサラナ(安らぎ)になりますように。


ページのトップへ