みのり

2018年6月20日

浄土宗総本山の知恩院が発行している機関誌『華頂』7-8月号に「蟠龍寺サラナ親子教室」の記事が掲載されます。

『華頂』は毎月発行していて、7-8月号だけ合併号です。

ここから、記事を書かれている方は、お盆の時期が忙しいお坊さんという事が読み取れますね。(笑)

2ヶ月も最新の記事とは嬉しいですね~!

ちなみに記事の中で「住職の太田竜祐」とありますが、これは編集者のミスで正しくは副住職です。

「蟠龍寺サラナ親子教室」は第4水曜日(変更する場合あり) 10:30~

お子様1人につき200円の参加費で、どなたでも参加することが出来ますので、参加希望の方はご連絡下さい。

 


2018年6月5日

梅雨も間近に迫り、暑い日が続いてますね~!

6月1日から夏用の衣に替える、文字通りの「衣替え」をしました。

この度、ホームページに更新しました。

「子育て支援と成長儀礼」という新しいページが出来ました。

「墓地と永代供養墓」に集合型のお墓「納骨墓」、「蟠龍寺と巡礼」に大阪における法然上人の巡礼「円光大師二十五所廻」が加わりました。

蟠龍寺では、今まで大切に受け継がれてきた事が、なぜ長い歴史の風雪に耐えて受け継がれてきたのか?

今の時代を生きる私達に、お寺が出来る事を、学び、考え、実践していきます。

 

 

 


2018年5月23日

本日、蟠龍寺サラナ親子教室開校しました♪

「サラナ」とは、古代インドの言葉で「安らぎ」という意味です。

(さらに…)


2018年5月1日

本日、納骨墓「共生」(ぐしょう)が完成したので、開眼法要を勤めました。

納骨墓は大きな墓石の中の1区画(縦横30cm)に4霊まで納骨可能な集合型のお墓です。

「従来の家墓を建てるのは費用がかかる」「次世代が継承してれるか心配」「大切な方を個別に拝みたい」

そんな気持ちにお応え出来るように建設しました。

「共生」は経典の「お念仏をお称える者は共に極楽浄土に生まれる」という言葉から名付けました。

納骨墓「共生」が「共に極楽浄土に生まれる事を祈り」「亡くなった大切な方と共に生きていく」場所になればと願っています。


2018年1月17日

この度、インスタグラムを始めました!

蟠龍寺の法要や日々の様子をゆる~く紹介していきますので、宜しくお願いします。


2017年9月5日

郵送封筒をリニューアルしました!!

色を水色に変え、ホームページURLとQRコードを付けました。

             (右:旧 左:新)


2017年7月21日

蟠龍寺のWebサイトが完成しました。

お知らせ等の更新をしていきますので、よろしくお願いいたします。

 


ページのトップへ